美味しいものを食べたい人へ

カフェレストランで使う手作りの食材

自家製の食パンを使って提供しているサンドイッチは、私の経営しているカフェレストランの1番人気の商品です。トーストした食パンに、レタス、トマト、キュウリ、ゆで卵、ベーコン、そしてトマトケチャップとマスタードで味付けをした、いたってスタンダードなサンドイッチですが、これにはもう1つポイントがあります。それは、使っている食材も自家製であるということです。元々は、食パンのみを自分のお店で焼いていたのですが、このサンドイッチに使っている、レタス、トマト、キュウリを、自宅の庭で栽培するようになりました。それは、このサンドイッチの味をより高めることと、手作りの食材というこだわりを持って提供したかったからです。そうした私の気持ちがお客様に届いたのか、一気にこれが評判となり、このカフェレストランの1番人気の商品になりました。食パンを生のままではなくトーストしているのも、小麦の甘みを最大限に活かすためです。

さくっとしたトーストの食感と、シャキシャキと音を立てる野菜たち、そして卵の甘みとベーコンの塩気が相まって、さらにマスタードのアクセントが、このサンドイッチの美味しさです。私はこのサンドイッチに大いに自信を持っていて、常連のお客様に喜んでいただいているのはもちろんのこと、初めて来られたお客様に対しても、1番人気の商品としてお勧めをしています。食材に自信を持っているからこそ、提供できるサンドイッチです。

Copyright (C)2017美味しいものを食べたい人へ.All rights reserved.